葬儀と遺品整理はプロにお任せ!【トータルプロデュースガイド】

葬儀

費用と時間を確認

部屋

遺品整理を専門業者に依頼する人が多くなっている現代、依頼する際に注意するべき点があります。まずは費用面の確認が重要となり、依頼する業者によって費用は異なるので十分に調べておくと良い。

View Detail

プロに相談をする

参列

民営墓地と指定石材店

親族など身内が亡くなった場合、必ず執り行うものに葬儀があり、葬儀にも多種多様なプランが存在します。プランは生前故人が希望していたものや自分達に合ったものを選び、葬儀社に任せると良いでしょう。また、葬儀が終わればお墓を購入という流れになるのですが民営墓地には指定石材店制度というものがあります。これは、霊園の共同開発をした石材店であることが多く、指定石材店のみがその霊園でお墓を建てられるというものです。 こうした民営墓地では、複数の石材店が指定石材店となっていても、石の価格は一律に設定されています。ただし、墓石の加工費や施工費は各石材店で決められます。また、アフターフォローや保証も石材店ごとに違ってきます。石材店を選ぶときは、この部分をチェックしましょう。 最初に霊園の案内を担当したり、資料の手配をした石材店がその墓地での自分の担当石材店となる慣例がありますので、相見積もりなどが取りにくくなっています。ある程度自分で石材店を選びたいのでしたら、ネットで墓地の名前で検索して取り扱っている石材店のホームページを探してみるか、お墓のポータルサイトなどの相談を利用してみましょう。

石の種類やデザインで価格は大きく変わる

大手お墓サイトの調査によると、お墓の平均価格は196万円ほどです。このうち、永代使用料は80万円弱、墓石の平均価格は100万円〜150万円となっています。ただし、墓石にかける費用は100万円未満という人と、150万円〜200万円という人、100万円〜150万円という人の割合はそれぞれ同程度ですから、実際には平均よりも安くお墓が建てられるケースも少なくありません。 使う石の種類、デザインで墓石の価格は大きく変わります。国産の石は高く、中国産やインド産の石は安い傾向にあります。デザインに関しては、和風のお墓と洋風のお墓を比べると、洋風の方が使う石の料が少なく、価格が低くなっています。 また、石塔とカロートのみで外柵を作らないという場合なども費用を抑えられます。

心もすっきりさせる

和室

遺品整理は基本的に身内が行なうものですが、どれを処分して良いのか困ってしまう人は少なくありません。また、処分となると気が引けてなかなか片付けることが出来ない場合がありますが、業者に依頼をすることで心もすっきりさせることが可能です。

View Detail

お墓や墓地を選ぶ

お墓

墓地は誰でも利用することが出来るというわけではなく、場所によっては宗教利用が出来ないところもあります。そのため、お墓を建てる際や利用の際は事前に確認しておくことが望ましいといえます。

View Detail